Natural Japan GIBIER

日本中の食卓に、ジビエを!

2018/11/23
川根ジビエプロジェクト
川根ジビエ作業部会第4回

2018.11.21

川根商工会議所にて、川根ジビエプロジェクト作業部会が開かれました。
第4回目となる今回は、実際に川根ジビエとして提供する料理の試食や、
今月初旬に行われた福岡県八女市と熊本県山都町の視察での感想を踏まえ、
今後、川根ジビエプロジェクトをどのように進めて行くか話し合いました。

全国各地で、鳥獣被害の増加にあたって処理場が増えてはいますが、
実際には販路のないまま建設をしてしまい、うまく回らないケースが
ほとんどのようです。
特に地元の年配の方は、鹿肉や猪肉は「まずい、かたい、臭い」という
イメージを持っていて、販売したり飲食店で提供するという考えには至らず、
なかなか行政と地域の方が連携できたい場合が多いのが現状です。
川根の場合、観光地であるため、地元の人に対してではなく観光客の方を
ターゲットとしてジビエの展開をしていく、というところに可能性があります。

今回は、視察先のジビエ料理と地元のジビエ料理を比較したり、実際に
川根で販売を開始しているジビエ餃子やさつま揚げの試食をしながら、
川根ジビエをどのような工夫をして印象付けるか、打ち出していくかという
具体的な議論が交わされました。

来月には第2回ジビエフェアも開催されるので、そのようなイベントもきっかけに
川根の飲食店さんたちや観光客の方に対して認知度を上げていきます。


(ASAMI)